稼げる商材や有益なサイトここにあり!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイル交換ソフト「ウィニー」による情報流出事件が続発しているが、「使わなければ被害に遭わない」と考えるのは早計だ。ウィニーをインストールしていなくても情報流出を招く悪質な新種ウイルスが登場したのだ。誰でも危険にさらされる可能性が出てきた。

感染PCのアドレスが掲示板に


 ウィニーに絡む情報流出のほとんどは「アンティニー」(通称キンタマウイルス)が引き起こしている。ウィニー経由で入手したファイルに、このウイルスが潜んでいて、知らずに実行するとウイルスが活動を始める。ウイルスはウィニーのファイル共有機能を悪用し、メールや「マイドキュメント」フォルダー内のデータをネット経由で、ほかのユーザーにばらまく。


 だが、最近、アンティニーと並び「山田ウイルス」という暴露ウイルスの感染が広がっている。ウィニーを踏み台にせず情報を流出させる点が、アンティニーと異なる。


山田ウイルスに感染したパソコンがサーバーとなって、そのアドレスがインターネットの匿名掲示板に書き込まれる。そして、「インターネットエクスプローラ」などのブラウザーでそのアドレスにアクセスすると、外部からハードディスクの内容が丸見えになってしまうのだ。


 アンティニーがウィニー経由で感染を広げているのに対し、山田ウイルスは匿名掲示板からダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルから感染する。


 さらに今年初めには山田ウイルスが凶悪化した「山田オルタナティブ」という新種が現れた。山田オルタナティブはハードディスク内のデータをすべて公開する。感染したときの被害の大きさはアンティニーと同等かそれ以上だ。


こんな記事を発見です! 恐ろしい・・・
\(゜ロ\)(/ロ゜)/ ガクガク ブルブル



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finequality.blog66.fc2.com/tb.php/24-ef303e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。